ダイハツFRのススメ

軽ドリのFRでは、スズキ勢に比べイマイチ少なかったダイハツのFR(仕様)。理由は何となく予測はついています。 
しかし!! そこを敢えて進もうとするアナタの為に、ダイハツFR(ベース)にスポットを当ててみました♪
ここでは、FR化やエンジン換装に何かと都合の良い平成10年~15年前後の車両をメインで紹介していますが、高年式車にも十分可能性はあります。
また、FRコペンの製作過程により生まれた4WD改FR化パーツもラインナップしています。
車両持込みでの製作はもちろん、ベース車探しもお任せ頂けます。ナンバー付きはもちろん公認で製作します。
ダイハツFR公式facebook

ダイハツFR化パーツの詳細はこちら

横置きFR(4WD改FR)

4WD車をベースにFR化。フロント・ドライブシャフトを撤去し、センターデフを直結するレギュラーな仕様。トランスファ・トラブルが泣き所だが、熱い方達の努力により対策も進み、多少実用レベルになってきた感あり。フロントデフ以降の負担が4WDよりも増加する事は避けられないが、FR化しやすく、状況に応じて4WDやFFにも変更可能。
また、費用は高くなるものの、2WDベースでもFR化可能なので、そう言った意味ではベース車は豊富♪
ココでは、880KコペンやストーリアX4などのパーツが使いやすいと言う視点から、4気筒のJB-DETを推奨気味です。

ミラ(L710S(V))

ダイハツ4WD改FRの代表格。2ドアも4ドアもあり、車体価格が比較的安い♪ 4WD流通量はジーノより少な目。MTは少なく、ターボ(EF-DET)設定もあるがレア。JB-DET換装例は多いので、最初から換装予定でも良いかも。

ミラ(L285S(V))

これからのダイハツFRの中心になる可能性のある現行(2014年現在)モデル。プロバイルにてFR化は既に完了済み。2014年現在、ターボ(KF-DET)搭載車はCVTのみでレア。JB-DET換装も良いかも。

ミラジーノ(L710S)

何たってオシャレ♪ 良く売れたので4WD流通量も比較的多め。こちらも2ドアも4ドアもあり、MTとターボ(EF-DET)の設定もあるがレア。JB-DET換装例は同じく多い。

ネイキッド(L760S)

一風変わった雰囲気を出したければコレ♪ 4WD流通量はミラとジーノの中間くらい。MTのターボ(EF-DET)も比較的出回っている。

オプティ(L810S)

軽で世界唯一のトランク付き4ドアハードトップ。独立トランクでボディ剛性も高め♪代償は後部座席の狭さか。 4WD流通量が少なく、MTとなると絶望的。最初っからエンジン&ミッション換装前提で考えた方が〇 2WD限定でJB-DET設定あり

ムーヴ(L910S)

横転しやすさが心配だが、ドリフトすれば注目度抜群♪ダイハツのトップセールスだけに4WD流通量もダントツに多い。少ないがMT&ターボも選択可能。AT限定でJB-DET設定あり。

MAX(L960S)

内装はムーヴより豪華。4WDの流通量もそこそこあり、初期の頃はターボ&MT&4WDの設定もある。センターデフにロータリーブレード採用車があるので、パーツ選択も含め注意が必要。AT限定でJB-DET設定がある。

ストーリアX4(M112S)

ラリー競技ベース車として非常に高いポテンシャルを持つX4。713ccながらノーマルで120PSとFRドリフト仕様には十分なパワーを持ち、リアに機械式LSDも標準装備している4WDのため、ドリフトセンターデフとトランスファの強化だけで即ドリ仕様という、実は最もローコストでFRドリフト仕様が作れる車。
しかし、限定で800台ほどの台数しか出ておらず、希少性もあり近年では程度の割に車両本体価格が高騰気味。
また、JC-DETエンジンの部品代も年々高騰しており調達も難しくなっているため、壊した時はそれなりの覚悟が必要。ただし、JB-DETと基本を共有するためコンバートという手段もアリ。

ブーンX4(M312S)

スト4と同じくハイポテンシャルの競技ベース車。ノーマルで133PSとこちらもFRドリフト仕様には十分過ぎるパワーを持つ4WD。しかし、リアの機械式LSDは選択だった事と、トランスファは4型であるがFRドリフト仕様ならギア比的に3型への交換を強く推奨。
スト4と同じく限定希少車のため、車両本体価格が比較的高い。
また、JC-DETと同じくKJ-VETエンジンの部品代も年々高騰しており調達も難しくなっている。ミッションもASSYで60万円超(2015年時点)と、このクラスでは異例の高額。壊れた時は相応の出費か、別ものへコンバートするなど覚悟が必要。
ブーンX4 FR仕様のドリフト走行動画

縦置きFR(4WD)

言うまでもなく、元々エンジン縦置きレイアウトのFR(4WD)。後輪への伝達にトランスファを介さない為、横置きFR最大の懸念要素「トランスファトラブル」とは無縁♪メーカー設計レイアウトなので、修理も含め何かと都合も良い♪(4WD車にはトランスファが存在するが、フロントへの駆動伝達に使われる為、FR(2WD)使用時には関係しない)

ただし、採用されているのは重心が高めの車ばかりである、、、。
車重や整備性を優先すると2WD、積雪地域での実用性や流通量を優先すると4WDといったところか。

テリオスキッド(J131G/J111G)

ロングセラーだったので流通量は十分。2WDと4WDの比率は半々で、MTになると圧倒的に4WD率が高い。エンジンはターボ設定のみだが、インタークーラーの有無(EF-DET/EF-DEM)に注意。

ハイゼット・トラック(S200P/S210P)

何と言っても無限の流通量(笑) ターボ設定はないが、MT比率は極めて高く、2WDなら4WDよりかなり割安。ホイルベースが短く、コントロールが一番忙しいかも(^^;)しかし、近年の軽トラブームでパーツが充実しつつある事と、実用性、積載能力は言うまでもなく◎

ハイゼット・カーゴ(S200V/S210V)

トラックよりも流通量はかなり少ないが、長いホイルベースで安定感が良く、穴場的な車かも♪ 2WDのAT比率が高いが、MTも選択出来る程度には出回っている。MTターボ設定もあるが超レア。雨に濡らさず荷物を積むなら、コレ以上は無い♪

アトレー/アトレー・ワゴン(S220V/S230V,S220G/S230G)

ハイゼット・カーゴとほぼ同じ内容、流通の仕方だが、ターボ比率はこちらの方が高め。(ただし、MTとなると少ない)

ハミ出しFR

FRコペン

ハイ、出ました。

ハイ、ゴメンナサイ。 

そう、コペンにはFFしかない、、、。

メリットは、、、

とにかく目立つ!! オシャレ!! 高級感溢れる!!

縦置きと横置きがありますが、ココでは横置きを推します。

縦置きFRコペン詳細

横置きFRコペン詳細


いやね、最初からJB-DET積んでるし、4WDにもFFにも切替の出来るFR、しかも電動開閉ルーフって、最高♪

けっこう、向いてると、思うんですけどね、ハイ、、、。

ダイハツFR化パーツの詳細はこちら

ダイハツFR車(FR仕様)比較一覧

平成10年~15年前後の車にスポットを当てています。
全てMT車が前提としての内容です。

車種型式FR化費用パワーアップ費用ホイルベース
(mm)
積載性意外性
ミラL710S
L710V
安めベースエンジン次第2360
ミラジーノL710S安めベースエンジン次第2360
オプティL810S安めベースエンジン次第2360
ネイキッドL760S安めベースエンジン次第2360
ムーヴL910S安めベースエンジン次第2360
MAXL960S安めベースエンジン次第2360
YRVM211G安め普通2370
ストーリアX4M112S安め安めと言うか、必要なし2370
ブーンX4M312S安め安めと言うか、必要なし2440
テリオスキッドJ131G
J111G
タダベースエンジン次第2420
ハイゼット・トラックS200
S210
タダベースエンジン次第1900
ハイゼット・カーゴS200V
S210V
タダベースエンジン次第2420
アトレーS220V
S230V
タダベースエンジン次第2420
アトレー・ワゴンS220G
S230G
タダベースエンジン次第2420
コペンL880K改高め安め2230ゴメン

※パワーアップ費用は、パワースライド維持の容易さと駆動系にかかる負担のバランス点だとプロバイルが考える、おおよそ100~120PS程度にする為にかかる費用の事です。(例、JB-DETやK3-VET(2)スワップ、ブーストアップ、タービン交換など)

FF,FR,4WDの走行比較はこちら